2020-09-25

株式会社キャステムは、新型コロナウイルスの飛沫感染、接触感染を防ぐPPE(個人防護具)として大阪大学次世代内視鏡治療学講座が開発し、医療機関に向け提供されたフェイスシールド『HANDAIフレーム®』を、一般向けに自社オンラインストアにて販売開始することを、プレスリリースいたしました。

PRTIMESプレスリリース:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000035017.html

株式会社キャステム オンラインストア
IRON FACTORY(https://www.ironfactory-castem.com/)
2020年9月25日(金)10:00より販売開始(※発送は10月6日より順次)

2020-08-28

弊講座 中島のコロナ禍での活動について、国立研究開発法人科学技術振興機構が編集・発行する「産学官連携ジャーナル(8月号)」に掲載されました。

「医療用フェイスシールドの緊急開発 アイデアから実装まで」
https://www.jst.go.jp/tt/journal/journal_contents/2020/08/2008-02_article.html

2020-08-12

総合メディカル株式会社が運営する医師向けサイト「DtoDコンシェルジュ」内、連載記事「私たちの流儀」にて、フェイスシールドのフレーム大量生産・無償配布活動と弊講座の取り組みについてご紹介いただきました。
https://www.dtod.ne.jp/my_style/

2020-08-03

株式会社キャステムは、新型コロナウイルスの飛沫感染、接触感染を防ぐPPE(個人防護具)として大阪大学が開発したフェイスシールド『HANDAIフレーム』 を製造、小西医療器株式会社より全国の医療機関に向け販売を開始することを、プレスリリースいたしました。

PRTIMESプレスリリース:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000035017.html

2020-05-27

テレビ東京系列「日経スペシャル ガイアの夜明け」にて、
新型コロナウイルス感染防止対策として開発した「フェイスシールド」が紹介されます。番組内では、弊科 中島とフェイスシールドに使用するフレーム部分の量産を担当するProject ENGINEメンバー、株式会社工販 梅原 智 社長が登場します。皆様ぜひご覧ください。
 
【放送日時】6/2(火) 午後10時00分~10時54分
足りない医療用具を量産せよ!~コロナ崩壊を防ぐ人たち~
https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/

2020-04-28

現在、フェイスシールドを譲って欲しいというご要望や、
3Dプリンターに関する技術的なお問い合わせを多数いただいております。
教室では現状これらに個別の対応をできかねる状況にありますので、
下記 Facebookのグループ の方へぜひご参加いただき、
ご投稿いただきますようお願いいたします。

https://www.facebook.com/groups/3363690166994379/
 

2020-04-07

フェイスシールド 3Dデータの制作において、ご質問を多数お寄せいただきました。
そのうち、よくある質問について、取り急ぎ、Q&Aを 掲載いたします。

Q.どのようなプリンターが良いとかありますでしょうか。
A.一般的に入手しやすい「FDM」と呼ばれる方式のプリンターを推奨します。
 
Q.プリンターのサイズを教えてください。
A.プリンターのサイズは175 x175mm以上の造形テーブルを推奨します。
 
Q.材料はどのようなものでしょうか。
A.樹脂材料については「ABS」「PLA」と呼ばれる一般的な材料が使用可能です。

ほか、更新でき次第、掲載させていただきます。
 

2020-04-07

4月3日、新型コロナウイルス感染防止対策として、弊科 中島と招へい教員の室崎が株式会社シャルマンと連携してクリアファイルを使用した「フェイスシールド」を緊急開発し、プレスリリースを行いました。フェイスシールドに使用するフレーム部分は3Dプリンタで作成しており、世界中のどこでも製作できるように3Dデータを無料で公開いたしました。様々のメディアで報道されており、大阪大学大学院医学系研究科のホームページにも掲載されました。下記のURLにてご確認ください。
URL:http://www.med.osaka-u.ac.jp/archives/category/news

 

2020-03-24

3月23日、産経新聞のWEB版にて、Project ENGINEメンバーの株式会社山洋が紹介されました。記事の中では、大阪大学と共同開発した医療機器「Dr. HUBY」がクローズアップされております。
皆様、ぜひご覧ください。
URL:https://www.sankei.com/west/news/200323/wst2003230004-n1.html
 

2020-03-23

昨年12月6日、第32回日本内視鏡外科学会総会(横浜)のランチョンセミナー(株式会社アムコ主催)にて、大阪国際がんセンターの大森 健先生のご発表のなかで、山科精器株式会社と弊科にて研究開発を行い上市に至りました「サクションボール・コアグレーター」のご紹介がありました。
下記のURLより、動画をダウンロードできますので、皆様、是非ともご覧ください。
URL:https://amco.co.jp/medical/library/seminar/soc10/20200309160616.htmlhttps://amco.co.jp/medical/library/seminar/soc10/20200309160616.html
動画のダウンロードには、株式会社アムコの会員登録が別途必要です。

2020-02-27

厚生労働省「WHO事前認証及び推奨の取得並びに途上国向けWHO推奨機器要覧掲載推進事業」において
2月9日 に長崎大学と共同で開催いたしましたセミナー
「国連、世界保健機関のグローバルヘルス戦略~日本企業の国連市場参入とさらなる国際貢献のために~」
につきまして、日経BPに取り上げられました。
下記のリンクよりご覧ください。

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00004/022300157/  
https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/keyword/19/00045/

2020-02-19

「次世代医療機器連携拠点整備等事業」交流シンポジウム中止のお知らせ
2月21日(金)開催予定の「次世代医療機器連携拠点整備等事業」交流シンポジウムにつきまして、昨今の新型肺炎を取り巻く状況を鑑み、医療機関である大阪大学医学部附属病院としては、参加者及び関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、交流シンポジウムの開催を中止することにいたしました。
ご講演の準備いただいておりました講師の先生方、ご参加を楽しみにされていた皆さま、関係者の皆さまには多大なご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

2020-02-18

日本医療研究開発機構「次世代医療機器連携拠点整備等事業」の成果報告会が3月10日(火)13:30よりTKP東京駅大手町カンファレンスセンターにて開催されます。大阪大学医学部附属病院の拠点長である中島も事業成果報告を行います。参加費は無料です。事前の参加登録が必要です。以下URLよりお申込みください。皆様是非ご参加ください!https://www.amed.go.jp/news/event/20200310_seika_jisedai_00001.html

2020-02-17

日本医療研究開発機構「次世代医療機器連携拠点整備等事」交流シンポジウム」の開催(@大阪大学中之島センター)がいよいよ今週2/21(金)となりました!若干ですが、お席がまだございます。お申し込みがお済みでない方はぜひお手続きをお願い致します。多くの方のご参加を心よりお待ちしております。
お申し込みはこちらからURL:https://forms.gle/tA6Ck6ykq1dgqWro9

 

2020-02-17

2020年2月9日、厚生労働省「WHO事前認証及び推奨の取得並びに途上国向けWHO推奨機器要覧掲載推進事業」において
長崎大学と共同で開催いたしましたセミナー「国連、世界保健機関のグローバルヘルス戦略~日本企業の国連市場参入とさらなる国際貢献のために~」たくさんの方にご参加いただき、無事終了することができました。
講師の方々、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2020-02-14

去る2月8日(土)神戸医療機器開発センターにて、アニマルラボを開催いたしました。弊院の放射線科、救命救急センターだけでなく、大阪国際がんセンター、慶應義塾大学等からもお集まりいただきました。また弊学医学部学生も参加し、大変盛況でした。

2020-01-17

きたる2020年2月25日、
神戸臨床研究情報センター(TRI)にて開催される
「第29回 医療機器等事業化促進プラットフォームセミナー」において、
弊科 中島が「新興国ニーズにもとづく医療機器の研究開発 ~インドに学ぶ~」と題して講演を行います。
セミナー後はネットワーキング交流会の企画も準備されておりますので、皆さまぜひご参加ください。

日時:2020年2月25日(火)
           14:00~17:30 セミナー
        17:40~19:00 ネットワーキング交流会
会場:神戸臨床研究情報センター(TRI)
            2階 第1研修室
主催:公益財団法人神戸医療産業都市推進機構

申込はこちらのHPよりお願いいたします。
https://www.fbri-kobe.org/event/detail.php?event_id=306
 

2020-01-16

2020年2月21日(金)「次世代医療機器連携拠点整備等事業」交流シンポジウムを大阪大学中之島センター10階「佐治敬三メモリアルホール」にて開催します。
第一部では今年度の成果を振り返り、
第二部では「医療機器開発にかける熱意」についてのディスカッションを行います。
第三部では「人工知能と消化器内視鏡」と題し、東京慈恵会医科大学炭山和毅教授にご講演いただきます。参加費無料!多くの方のご参加をお待ちしております。お申し込みは2月14日(金)までにこちらのURLよりお手続きください。
URL:https://forms.gle/tA6Ck6ykq1dgqWro9

 

2020-01-27

当科の久保祐人先生が、公益財団法人内視鏡医学研究振興財団の「令和元年度 研究助成金」に採択され、1月25日に贈呈式が行われました。久保先生おめでとうございます。
 

2020-01-14

弊科の中島が代表理事を務めるAffordable Deviceを開発する法人が、この度、厚生労働省「WHO事前認証及び推奨の取得並びに途上国向けWHO推奨機器要覧掲載推進事業」に採択され、長崎大学熱帯医学研究所と2020年2月9日(日)13時~17時、東京(紀尾井カンファレンス)にてセミナーを共同開催いたします。

タイトルは「国連、世界保健機関のグローバルヘルス戦略~日本企業の国連市場参入とさらなる国際貢献のために~」
参加費は無料でございます。

ENGINE関係者の皆様にとって、参考になる内容が沢山ございますので、この機会に是非ともご参加ください。
  
申込はこちらのHPよりお願いいたします。
https://globalhealth-seminar.com/
 

2019-12-10

さる12月7日(土)、第32回日本内視鏡外科学会総会(横浜)におきまして、医工連携企画「女性医師セッション」が行われました。
14名の女性医師による手術室での困りごとや対策法、また、多彩なアイデア等をご発表いただきました。
座長の出浦先生、河野先生、ご参加いただいた先生方、企業の皆様、貴重なセッションとなりましたこと、改めてお礼申し上げます。
女性医師の先生方より見えたこれからの未来....今後とも、医療機器の発展に向けて お力添えの程、どうぞよろしくお願い致します。

2019-12-09

さる12月6日(金)、横浜で開催された第32回日本内視鏡外科学会総会にて弊科の中島が「大上賞受賞記念講演」を行いました。
講演には、コーネル大学のMilsom教授、西宮市立中央病院の根津院長をはじめ、多くの先生方、企業の皆様にお越しいただき、盛大な拍手をいただきました。
プロジェクトENGINEの活動はこれからも続けていきます。
さらに発展すべく邁進してまいりますので、今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

2019-12-02

11月29日、日本医療研究開発機構「次世代医療機器連携拠点整備等事業」のブレーンストーミング(ニーズ検討会)を開催いたしました。
ニーズ検討会では、各々のチームで活発な議論が行われ、様々な視点からオリジナリティ溢れる発表が行われました。
多くの方々にご参加いただき、有意義な会を開催することができました。参加者の皆様、先生方、長時間にわたりお付き合いいただき、心からお礼申し上げます。

2019-12-02

当科の久保祐人先生が、「令和元年度 先進内視鏡治療研究会(J-CASE)研究助成」を受賞し、11月23日の研究会にて表彰されました。久保先生、おめでとうございます!

2019-11-27

11月23日(土)に「第13回先進内視鏡治療研究会(J-CASE)」を開催いたしました。お陰様をもちまして、110名を超える方々にご参加いただき、優れたご発表ならびに躍動感溢れる特別講演が行われ、盛会裡に終了することができました。これもひとえに皆様方のご指導ご協力の賜物と深く感謝いたしております。ご参加いただいた先生方、皆様、展示会場にてご出展いただいた企業の皆様、誠にありがとうございました。今後とも、何卒よろしくお願い致します。

2019-11-21

第13回日本先進内視鏡治療研究会(J-CASE)開催がいよいよ明後日の土曜日となりました。

11月23日(土)【JDDW2019期間】に、本研究会を弊科教授 中島が当番世話人として主催させていただくこととなり、皆様のご支援のもと、鋭意準備を進め、あとは本番を迎えるのみとなりました。

皆様のご参加をお待ちいたしております。
 
【 第13回先進内視鏡治療研究会(J-CASE) 】
■ 日 時 : 2019年11月23日(土)15時00分より
     受付:14時から
■ 場 所 : アリストンホテル神戸 2階 バレンシア
■ 参加費: 3,000円
■ H P : http://www.project-engine.org/j-case13/

2019-11-15

日本医療研究開発機構「次世代医療機器連携拠点整備等事業」フィールドワーク(臨床実習)を10/28~30の3日間と、応募者多数のためフィールドワーク特別枠を11/12-13の2日間を追加し、開催いたしました。のべ27社29名に参加いただき、好評のうち無事終えることができました。参加者のみなさま、お疲れさまでした。また、ご協力いただきました病院関係者のみなさま、ありがとうございました。

2019-11-15

去る11月7日、神戸医療機器開発センターにて、日本医療研究開発機構「次世代医療機器連携拠点整備等事業」ハンズオン・ラボを開催いたしました。8名の参加者には医師の手の動きや手術器具の細かい動きを間近で観察し、実際の手術機器に触っていただきました。今後医療機器開発を行っていく上で、必要で貴重な体験だったと高評価をいただきました。

2019-10-09

「次世代医療機器連携拠点整備等事業」プロトタイピング(ものづくり工房)の初心者ワークショップの日程が決まりました。実際に3Dスキャニングからプリンティングまで体験いただける機会ですので、ご興味のある方は以下URLよりお申込みください。
URL: https://forms.gle/eiNRZ6cuQ6Eq3xVW9

2019-10-07

10月4日、大阪大学中之島センターにて、国立研究開発法人日本医療研究開発機構補助事業「次世代医療機器連携拠点整備等事業」セミナー(座学)を開催いたしました。大阪大学の今年度最初のプログラムで、セミナー募集期間が短かったにも関わらず、さまざまな企業から多くの方に参加いただき、たいへん盛会となりました。ご参加いただいた方々、講師の先生方、本当にありがとうございました。

2019-10-01

9/20にNHK「おはよう関西」にて取り上げられました『大阪発進化する綿棒』のコーナーにて、Project ENGINEメンバー 株式会社山洋が紹介されました。コーナー内では、大阪大学と共同開発したDr.HUBYをクローズアップして頂いております。
下記のURLより視聴可能となっておりますので、皆様、ぜひご覧ください。
https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/ohayou/412792.html

2019-09-24

「次世代医療機器連携拠点整備等事業」本年度最初のイベントとなる10月4日(金)開催『セミナー(座学)』プログラムが決まりましたのでご案内いたします。
なお、参加ご希望の方は、以下のURLよりお申し込みください。
参加申込: https://forms.gle/XQMQnWXyGXRo67mZ8
皆様のお申し込みをお待ちしております。

2019-09-18

NHK「おはよう関西」にて、日本一明るい経済新聞の竹原さんが中小企業を紹介するコーナーで、Project ENGINEメンバー 株式会社山洋が紹介されます。
内容は 会社案内、商品紹介で、大阪大学と共同開発したDr.HUBYを
クローズアップして頂いています。
 
【放送日時】9/20(金)午前7時49分~約5分間です。
https://www4.nhk.or.jp/P2849/
皆様ぜひご覧ください。

2019-09-09

昨年度までの5年間「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」として行っていた企業の開発人材育成ですが、本年度から「次世代医療機器連携拠点整備等事業」として採択いただき、今後5年間継続していくこととなりました。
「セミナー(座学)」「フィールドワーク(臨床実習」「ブレーンストーミング(ニーズ検討会」「ネットワーキング(交流シンポジウム)」の内容、詳細については決まり次第、ご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしております。
参加申し込みは以下URLからお願いいたします。

URL:https://forms.gle/XQMQnWXyGXRo67mZ8

2019-07-29

弊学医学部附属病院は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「次世代医療機器連携拠点整備等事業」に採択され、本年度より5年間、全国14拠点の一つとして活動します。本事業は、医療機器の研究開発に資する企業人材を育成するための基盤を整備し、国内外の医療ニーズを満たす医療機器開発を推進することを目的としており、弊学では弊科の中島が拠点長を務めます。
今後、プログラム詳細につきましては適宜アップしてまいります。皆様のご参加をお待ちしております。

2019-07-23

第13回日本先進内視鏡治療研究会(J-CASE)開催まで、
今日で4か月となりました。

11月23日(土)【JDDW2019期間】に、
本研究会を弊科教授 中島が当番世話人として主催させていただくこととなり、
皆様のご支援のもと、鋭意準備を進めております。

特別講演には、Fudan UniversityのZhou先生のご講演を予定しております。

本研究会の概要、特別講演の詳細を添付およびHPにてご案内しております。

皆様のご参加をお待ちいたしております。
 
【 第13回先進内視鏡治療研究会(J-CASE) 】
■ 日 時 : 2019年11月23日(土)15時30分より
■ 場 所 : アリストンホテル神戸 2階 バレンシア
■ 参加費: 3,000円
■ H P : http://www.project-engine.org/j-case13/
 

2019-06-14

スペインのセビリアにて開催されたInternational congress of the European Association for Endoscopic surgery 2019(EAES)において、当科の牛丸裕貴先生が Gerhard Buess Technology Award Session で発表し、計7演題のなかで見事「最優秀演題賞」を獲得しました。

2019-05-27

2019年11月23日(土)神戸にて 弊科 特任教授 中島が当番世話人を務める「第13回先進内視鏡治療研究会(J-CASE)」が開催されます。本日(5月27日)より 演題募集を開始いたしました。下記 本研究会のホームページをご確認の上、皆様 奮って演題の申込みをよろしくお願いいたします![締切:6月24日 ]
URL:http://www.project-engine.org/j-case13/abstract.html
なお、当日は、中国の復旦大学(Zhongshan Hospital Fudan University)教授 Ping-Hong Zhou 先生をお招きし、「Endoscopic  minimally invasive resection from EFTR to real pure NOTES」のテーマで特別講演を行っていただきます。
本研究会のご参加、どうぞよろしくお願い致します。

2019-05-22

弊科の特任教授 中島清一 が、「産学連携による医療機器の研究開発」に関するこれまでの活動実績を評価され、大阪大学医学部第一外科同窓会(汲泉会)にて名誉ある「小澤賞」を受賞しました。このたびの受賞は、これまで共同研究におつきあいいただいてきた皆様方のご指導、ご協力のお陰と心から感謝しております。これからも、たゆまず機器開発に取り組んでいく所存でございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019-04-08

弊科とPavia大学(イタリア)のDepartment of Civil Engineering and Architectureが2019年4月1日に『MOU』を締結しました。
弊科のものづくり工房における「医療におけるバーチャル・エンジニアリングの活用」に関して、Pavia大学と連携した研究開発がスタートします。医療のバーチャルエンジニアリングにおいて、世界的に有名なFerdinando Auricchio先生、Andrea Pietrabissa先生と連携および協働することにより、医療機器開発をより加速させることを目指します。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

The Department of Next Generation Endoscopic Intervention (Project ENGINE) of Osaka University has signed a Memorandum of Understanding (MOU) with Department of Civil Engineering and Architecture of Pavia University, Italy.
The MOU will allow both universities researchers to start collaborative R&D on exploiting virtual engineering in medicine. The collaboration with Dr. Ferdinando Auricchio and Dr. Andrea Pietrabissa, the world renown professors in this field aims to drive the R&D needed to accelerate the establishment of safer and more efficient interventions and development of innovative medical devices.

2019-01-28

2019年1月25日、幣科中島が進捗管理責任者を担当しておりますAMED「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の今年度最後のプログラム「交流シンポジウム」を開催いたしました。初級・中級セミナー、臨床実習、ニーズ検討会のプログラムを終え、シンポジウムでは今年の成果を振り返り、第二部ではバーチャルエンジニアリングについてのディスカッション、そして、特別講演ではメディカルトピア草加病院  院長  金平先生に「若者よ不満を抱け!」と医療機器開発にとって非常に貴重なお話をいただき、すべてのプログラムが成功裡に終了いたしました。また、中島より本事業の5年間の成果を発表させていただき、参加者の皆様から大きな拍手をいただきました。皆様に心より御礼申し上げます。

2018-12-14

 来たる 2019年1月25日(金)、「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の『交流シンポジウム』を開催いたします。本年度の総まとめとなるとともに、5年間にわたる本事業の最終年度となります。
なお、参加ご希望の方は、以下のURLよりアクセスいただき、来年1/18(金)までに申込フォームの入力をお願いいたします。
多くの方のお申し込みをお待ちしております。
https://goo.gl/forms/pJG9zclNSTNe2Dtk1
  
 

2018-12-07

弊科の特任教授 中島清一が、「日本内視鏡外科学会」にて、『大上賞』を受賞しました。
多くの皆様より、お祝いのメッセージやお花をいただきました。
心よりお礼申し上げます。

2018-11-12

当科の勝山晋亮先生が、「Society for Medical Innovation and Technology(SMIT)」にて、
『MITAT Best Investigator Award』を受賞されました。
授賞式では、Young-Woo Kim教授(SMIT President )より表彰されました。
勝山先生おめでとうございます。

2018-11-12

11月8~10日、ソウルにて開催されたSociety for Medical Innovation and Technology(SMIT)に弊科初の展示会出展を行ってまいりました。医師、エンジニアおよび医療関係者など多くの方々にご来場いただき、また、数多く方が弊科の取り組みに興味を示されておりました。ご来場いただいた皆様、ご協力いただいたENGINE企業の皆様に心より感謝申し上げます。

 

2018-11-08

11月6日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「中級セミナー」を開催いたしました。
全国11の拠点で革新的な医療機器開発を担う「開発人材」の育成を目的としたプロジェクトで、弊学は弊科中島が進捗管理責任者を務めております。今年もさまざまな企業から多くの方々にご参加いただき、そして長時間にわたりご聴講いただきまして誠にありがとうございました。また講師の先生方には、遠路はるばるご登壇いただき貴重なご講演を賜りましたことを厚く御礼申し上げます。

2018-11-05

当科の牛丸裕貴先生が、平成30年度「先進内視鏡治療研究会(J-CASE)」研究助成金を獲得し、
先日の研究会にて井上晴洋代表世話人(日本消化器内視鏡学会理事)より表彰されました。
牛丸先生おめでとうございます。

2018-10-17

昨年度より、厚生労働省「平成29年度WHO事前認証取得推進事業」において、
大衛株式会社と弊社団が取り組んでまいりました、WHO要覧掲載につきまして、
大阪大学共創機構HPに記事が掲載されましたのでお知らせいたします。

http://www.uic.osaka-u.ac.jp/kyoso/index.html
 

2018-10-15

10月11日に、第1回 DRIVE(ものづくり工房)初心者ワークショップを開催いたしました。
3Dスキャナー、3D編集ソフト、3Dプリンターに関して、機器の説明と実際に機器の操作体験をしていただきました。参加者の皆様からのアンケートでは、「満足だった」「社内で3Dプリンターの活用方法を検討したい」など概ね好評でした。第2回のワークショップでは、さらに満足いただけるプログラムになるようスタッフ共々、邁進してまいります。
 

2018-10-12

来たる 11月6日、「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の『中級セミナー』を開催いたします。当日のプログラムが確定しました!
なお、参加ご希望の方は、以下のURLよりアクセスいただき、10/19までに申込フォームの入力をお願いいたします。
https://goo.gl/forms/pJG9zclNSTNe2Dtk1
 

2018-10-04

NHK WORLD 内で放送されているScience View という番組の “日本の匠Special 『画期的な技術で日本の医療  
を支える匠たち』”で、山科精器株式会社 取締役 保坂誠様がご出演され、山科精器様と弊科が共同開発した
「エンドセイバー」が紹介されます。
 
【放送日時】
 11月3日(土)午前8時10分~8時54分 
 
  番組HP https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/scienceview/20181010/2015166/

【視聴方法】
・ケーブルテレビや衛星チャンネル
・iPhone, ipadの無料アプリ「NHK WORLD LIVE」
・NHK WORLDのホームページからインターネットでのストリーミング放送
・以下のサイトの右側「NOW ON AIR」
 http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html
 
 

2018-09-28

ENGINEアイテムの一つ「ひとりで着脱できる手術用ガウン(商品名:セルフガウン)」が、このたび世界保健機構(WHO)が発行する「推奨医療機器要覧(Compendium)」最新版に掲載されました。
「セルフガウン」は、弊科と大衛株式会社が平成26~27年度掲載産業省「戦略的基盤技術高度化支援事業」の支援を得て共同開発した医療機器であり、平成29年4月に上市されています。上市後、厚生労働省「WHO事前認証取得等推進事業」にも採択され、要覧への掲載をめざして内外で活動して参りました。我々の知る限り、産学連携にて開発された日本製医療機器がWHO要覧に掲載されるのは我が国初の快挙であり、本成果は、これまで経済産業省、厚生労働省が掲げてきた「産学連携、医工連携による医療現場の課題解決」、「我が国の優れたものづくり技術の海外への発信」、「国産医療機器の海外展開推進」施策の成功事例の一つと考えております。関係者の皆様のご支援、ご尽力に心より感謝申し上げます。

2018-09-25

9月21日、日本医療研究開発機構(AMED)「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「ニーズ検討会」を開催いたしました。
ニーズ検討会では、各々のチームで活発なグループディスカッションが繰り広げられ、様々な視点からオリジナリティ溢れる発表が行われました。弊科におきまして、今後の活動に反映するべく取り組みを続けて参ります。参加者の皆様、先生方、長時間にわたりお付き合いいただき、心からお礼申し上げます。

2018-09-06

日本医療研究開発機構(AMED)「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」実習第Ⅰクール第Ⅱクールが終了しました。参加者のみなさまの熱心な実習態度やアンケートの内容に、運営側である我々も意義のある活動であることを改めて実感しました。様々な視点で医療機器の開発が進められる良い機会になったことと思います。参加者のみなさま、お疲れさまでした。また、ご協力いただきました病院関係者のみなさま、有難うございました。

2018-08-20

2018年9月20日(木)午後14時から、大阪大学にて、ふくしま医療機器産業推進機構による医療機器開発促進セミナーが開催されます。医療機器開発における死の谷とGLP試験の重要性をテーマとしており、「ふくしま医療機器開発支援センター」の利活用及び連携によって期待される医療機器開発の促進についてデイスカッションを行います。多くの研究開発・製品開発に携わる医療従事者、医療機器関連企業、医療機器分野への参入を検討中の企業の方々のご参加をお待ちしております。

2018-07-21

「ものづくり工房」DRIVE(Design and Research Initiatives for Virtual Engineering)の初心者ワークショップの日程が決まりました。実際に 3Dスキャニングからプリンティングまで体験いただける機会ですので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。
 

2018-07-21

7月20日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構の補助事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の「初級セミナー」を開催いたしました。全国11の拠点で医療機器開発を担う企業人材を育成するための基盤を整備しようという意欲的なプロジェクトで、弊学は弊科中島が進捗管理責任者を務めております。今年もさまざまな企業から多くの方に参加いただき、たいへん盛会でした。参加いただいた方々、講師の先生方、ありがとうございました。
 

2018-06-15

弊科と山科精器株式会社が共同開発を進めてまいりました 高周波処置具「エンドセイバー」が平成30年6月1日より発売となりました。滋賀県中小企業新技術開発プロジェクト チャレンジステージの成果のひとつです。 詳細はパンフレットをご覧くださいませ。
 

2018-06-15

国立研究開発法人日本医療研究開発機構補助事業の一環として、取り組んで参りました「ものづくり工房」DRIVE(Design and Research Initiatives for Virtual Engineering)がついに完成いたしました。
3Dスキャナー、3Dプリンター、ワークステーション、グラフィックソフト等を備えており、医療機器開発・試作に欠かせないバーチャル・エンジニアリング、特にラピッド・プロトタイピングの手法を開発人材の方々に学んでもらうためのシステムです。
人材育成事業「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」にこれまで参加いただいた方、あるいは今年度プログラムに参加いただく予定の企業様に、3D機器を無料でハンズオン体験いただくことを目的としております。今後はワークショップ形式の初心者向け講習会も開催していく予定です。
アイデアをその場でカタチにし、試作や開発につなげていこうという新たな試みです。是非ご体感ください。

2018-06-04

International congress of the European Association for Endoscopic surgery 2018(EAES)のGerhard Buess Technology Award Sessionにて、当科の牛丸裕貴先生が発表し表彰されました。
牛丸先生おめでとうございます。

2018-05-25

【確定版】「国産医療機器創出促進基盤整備等事業」の最初のイベントとなる7月20日開催『初級セミナー』のプログラムが確定いたしました。お申し込みの締切は6月30日です。
皆様のお申し込みをお待ちしております。
(申込はこちら)https://goo.gl/forms/pJG9zclNSTNe2Dtk1

2018-05-07

Project HEARTのメンバーでもあるキャステム様のイノベーティブスペース「京都L.I.Q」を見学させていただきました。
「京都L.I.Q」は京都西院に2018年3月26日にオープンした、CTスキャン、3Dプリンタや鋳造機、作業ツールを備えたものづくり工房です。
学生やデザイナーなどにスペースを開放することで、付加価値の高い製品の企画開発を進めたり、京都の伝統とデジタル技術を活かしたものづくりに挑戦されるということです。
スタッフ一同興味津々。とても素晴らしい施設で、感動の連続でした。
ご案内いただいたキャステムの皆様、本当にありがとうございました。

2018-05-01

平成30年度 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 国産医療機器創出促進基盤整備等事業の
お申し込みを受付いたしております。
お申込みご希望の方は、project_engine@me.comまで。
詳しくはこちらのリンクからご覧ください。
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/subsidy/files/amed_01.pdf